INDEX

 沖縄には、「島唄」と呼ばれる沖縄民謡が暮らしの中にしっかりと根づいています。特に、沖縄市は古くから島唄の盛んなところです。戦後、そこにダイレクトに飛び込んで来たのがアメリカンポップスでした。若者達は、島唄とアメリカンポップスを聞きながら育ち、オキナワンロックを誕生させました。
 さらに、それは独特のサウンドをもつオキナワンポップスへと発展していきます。その発信地となったのが沖縄市です。

 島唄の音階を生かし、ロックやラテン、ブルースなどの西洋音楽を思い思いにミックスさせたオキナワンポップスは、今、沖縄から日本本土へ、日本からアジアへ、そして世界に飛び出しています。

 島唄、ハードロック、ブルース、レゲエ…沖縄市の夜は、さまざまな音楽にあふれています。民謡クラブでは、島唄の第一人者が自慢の喉を披露し、ロックのライブハウスでは、若いミュージシャンたちが激しいリズムを刻み夜ごと若者達を熱狂させています。


ピースフルラブ ロックフェスティバル