このページはこちらに移動しました

沖縄全島エイサーまつり
 「沖縄全島エイサーまつり」は、毎年旧盆明けの最初の週末に行われる、1956年の「コザ市誕生」を機に「全島エイサーコンクール」としてスタートし、今では沖縄の夏の風物詩として日本を代表する「まつり」の一つとなった。

 「まつり」には本島各地から選抜された青年会などの団体や、全国の姉妹都市や協賛団体からのゲストが集結する。会場に鳴り響く三線、歌、太鼓のリズムに酔いしれ、その迫力あるバチさばきに感動しながら、本場のエイサーのだいご味を思う存分味わうことが出来る一大イベントだ。

 
まつりは3日間に渡り、金曜日のまつり初日には、国道330〜コザ・ゲイト通りでの「みちじゅねー」、そして土曜日の中日が沖縄市青年団協議会による「沖縄市青年まつり」日曜日が「本祭」として、全島から集められた青年会による、エイサー大会が沖縄市コザ運動公園で開催される。また、運動公園サブグラウンドで同時開催される「ビアフェスト」との相乗効果で会場周辺では、夜遅くまで祭りの賑わいが続く。









沖縄市観光協会ではエイサーの写真を募集しています。詳しくは沖縄市観光協会までお問い合わせ下さい。

tel: 098-937-8735


'08沖縄全島エイサーまつり写真集
'09沖縄全島エイサーまつり写真集

'11沖縄全島エイサーまつり写真集


 

沖縄全島エイサーまつり公式サイト

イベントのインデックスに戻る