ピースフル・ラブロックフェスティバルは、音楽による地域活性化をテーマに掲げて1983年にスタートした。
 このピースフルラブ・ロックフェスティバルは、戦後沖縄がアメリカ文化と接触していく中で、沖縄の若者がアミューズメントサービスとして厳しい音楽環境の中から歴史的に築きあげてきてものであり、それは「オキナワンロック」といえる音楽性を確保しているとの高い評価を受けるまで成長し、定着してきたものである。
 そのため、沖縄のすぐれた特性となった「オキナワンロック」を全国及び世界的に展開させるために、まず地域のイベントとしての歴史を築きあげる中から、地域経済の活性化を図る。

本イベントは次のようなコンセプトで企画運営するものとする。

 企画運営の目的

(1) 世界の恵まれない子供達に楽器を贈ろうをテーマに、音楽を通して愛と平和のネットワークを作りを呼びかけていく。

(2) ロックを主体とする沖縄最大のミュージックフェスティバルとして、全国及び世界に通用するイベントを目指す。

(3) 観光振興に寄与する一大ロックページェントをめざす。
県内の代表的なバンドをはじめ、外国人バンド、国内の著名なバンドの参加をもとめるとともに、一定の基準を設けてアマチュアも参加できるイベントとする。また、他ジャンルのアーチストの参加できるイベントとする。

(4) 音楽文化による地域社会の経済活性化という視点を持ち、新しい産業の創造や携帯・共同事業を実現できるイベントとする。

(5) 観衆は、県内客はもとより県外からも誘致し、広く沖縄観光の振興を目指すイベントとする。


ユページトップへ
 開催事項

日時 2001年7月7日(土)・8日(日)

場所 沖縄市野外ステージ

主催 ピースフル・ラブロック・フェスティバル実行委員会

共催 沖縄市・沖縄商工会議所・沖縄市観光協会

特別後援 中部広域市町村圏事務組合
沖縄市・具志川市・石川市・宜野湾市・北谷町・嘉手納町
勝連町・西原町・与那城町・読谷村・北中城村・中城村

特別協賛 オリオンビール(株)・沖縄コカ・コーラボトリング(株)日本エアシステム(順不同)

後援 (財)沖縄観光コンベンションビューロー琉球新報社・沖縄タイムス社・NHK沖縄放送局・琉球放送・沖縄テレビ放送・ラジオ沖縄・琉球朝日放送・FM沖縄・沖縄市FMコミュニティ放送(株)・沖縄県ロック協会・コザネットワーク・ピースフルラブロック協会(順不同)

事務局 ピースフルラブ・ロックフェスティバル事務局

企画製作 サウンド パッケージ

連絡先 ウ904-0034 沖縄県沖縄市山内1丁目6-27
TEL(098)930-1184
FAX(098)983-9525


ユページトップへ
 受賞・指定・報道

●昭和62年10月28日 国土庁・全国モデル定住圏整備推進会議より、沖縄で初めて[地域づくり表彰]を受け、ユニークなイベントとして評価される。
●昭和63年7月26日 前年、[地域づくり表彰]を共に受けた山形県最上広域市町村圏事務組合と、沖縄県中部広域市町村圏事務組合が[広域姉妹間締結]を結び相互交流の活性化を図る。 (全国初)
●平成元年6月22日 自治大臣より中部広域市町村圏事務組合が[優良広域圏]として表彰される。
●平成5年度 全国ふるさとづくり推進テレビ広報“笑顔がいちばん”全国版 平成5年10月17日(日)開催の度ごとに、県内・県外のマスコミ(新聞・テレビ・ラジオ・週刊誌・米軍関係報道誌など)で報道される。
●平成10年度 自治大臣より中部広域市町村圏事務組合が「個性的で活力にある広域圏自治大臣表彰」開催の度ごとに、県内・県外のマスコミ(新聞・テレビ・ラジオ・週刊誌・米軍関係報道誌など)で報道される。

ピースフルトップへ戻る