INDEX



沖縄市指定文化財・史跡

知花花織
史跡


伝統芸能

琉球舞踊
エイサー
泡瀬の京大郎
ウスデーク


沖縄市文化センター

図書館(リンク)
郷土博物館(リンク)
芸能館


コザのアート・現在

諸見民芸館

沖縄市の文化

 沖縄は、芸能の島と呼ばれるほど歌や踊りが盛んなところです。沖縄の芸能は、大きく分けて宮廷芸能と民俗芸能の二つがあるといわれています。宮廷芸能は、琉球王国時代に中国からの使者を歓待するための「御冠船踊(うかんしんおどり」から発達したもので、一般的に琉球舞踊と呼ばれています。琉球舞踊には古典、踊り、創作の三つがありますが、いずれも沖縄独特の楽器である三線(さんしん)や挙、太鼓、琴、笛などの楽器演奏と歌にのせて披露されます。琉球舞踊と音楽とせりふを組み合わせた歌舞劇「組踊(くみおどり)」は沖縄独自のもので、重要無形文化財に指定されています。

 民俗芸能は、古くから地方に伝わる歌や踊りで土着性の強い芸能です。沖縄市に伝わる民俗芸能としてはエイサーがあまりにも有名ですが、豊年祈願のあとに女性だで踊られる「ウシデーク」、ウシデークと同じ日に演じられる獅子舞、京都から伝わったといわれる祝儀芸の「泡瀬の京大郎(チョンダラー)」などがあります。

 これらの芸能に加えて、沖縄市を代表する芸能に沖縄民謡(島唄)があります。沖縄の民謡の歴史は、沖縄最古の歌謡集「おもろさうし」 に始まるといわれています が、民謡が盛んになった理由の一つに、14〜15世紀頃に中国から伝わった楽器「三線(さんしん)」があります。
 沖縄戦ですべてを失い、疲弊した生活のなかにあっても人々は歌を忘れず、空き缶やパラシュートの紐で三線をつくったほどです。歌を大切にする沖縄の人々にとって三線は欠かせない楽器となっています。

 沖縄民謡は5千〜6千曲あるといわれ、現在でも毎年新しい歌が作り続けられてい ます。沖縄市は、沖縄民謡の優れた歌い手や作曲者を多く輩出しており、県内でも有名な民謡どころとなっています。

 この他、芸能以外にも沖縄市では琉球人形などの民芸品、三線や太鼓など琉球楽器制作、木工製品などの工芸品や陶芸、絵画も盛んです。