知る 遊ぶ 食べる 買う 泊る エンタテイメント スポーツ スポーツ 掲示板 お問合せ

知花花織
戻る 

知花花織りとは
 旧美里村知花、登川地域などを中心に、村内で伝わった織物技術の一つです。
その特徴は、布の裏側。経糸が浮柄に沿って糸がでています。模様が縦方向に連続して浮く経浮花織(たてうきはなおり)と、刺しゅうのように糸が浮く縫取花織(ぬいとりはなおり)の2種類です。多くの花織は横方向に緯糸が浮いて柄がでているものですが、「知花花織」は、縦方向に浮糸が浮いて模様を出す花織です。
 素材は、木綿が主で、その他に芭蕉・絹・羊毛なども使用されています。花織の伝統的スタイルは、藍(琉球藍)で染められた紺地に絣、もしくはさらに格子柄の組合せ、そして浮模様が入るというものです。模様が浮く糸に、白糸と赤糸を使い、赤の染料にはグール(サルトリイバラ)・スオウなどを使用したとされています。

その起源と用途
  調査・研究の結果、「知花花織」は18世紀にはすでに技術として確立していたと考えられています。 用途は、村の女性たちが着るウスデーク(臼太鼓:旧暦8月15日に行なわれる五穀豊穣を願う女性のお祭り)の衣装。知花弁当馬場でのウマハラシー(馬乗り競走:旧暦8月14日に行なわれる男の祭り)での馬乗用上着や芝居の晴れ着などとしてつくられたものです。


復元・復興
 2000年8月沖縄市が中心となり、1度失われた染織文化の復元・復興を目的に、「知花花織」を蘇らせる試みがスタートしました。戦争などで100年の間、織物技術の継承や、花織衣装の着用は完全に途絶えていたいたため、ほとんど現物も残されておらず、「知花花織」技術を知っている人も現存されていないという状況の中、聞き取り調査やわずかに保存されていたものから調べて、「知花花織」は復元されました。花織を経浮きで模様をだすにはどのように織られていたのか? どのような素材が使われていたのか? 染料は何を使用していたのか? というところから始められたのです。

文化財として指定
 また2000年12月には県内で初めて「知花花織」3件が沖縄市指定文化財に指定されました。いずれも100年以上前に織られたとされる「馬乗上着」「馬乗袴」「ウッチャキ」の3点で、沖縄市内で確認できる貴重な資料です。このように「知花花織」は地域文化の確立や、独自の染織文化として、およそ1世紀ぶりに新しい息吹が吹き込まれようとしている織物です。


●縦方向に浮模様をだすために、経糸は地糸と浮糸をわけて、二重ちぎりで織機にかけられたと考えられています。
(経糸が二重に仕掛けられています。絣の入った紺の糸が地糸で、白と茶の糸の方が浮糸です)
●綜絖(経糸を上げたり下げたりして緯糸との組織をつくる)は、平織を織るための地綜絖と、浮模様をだすための花綜絖(花綜絖は柄の複雑さによって枚数が変わります)でつくられています。

高い技術力と自由奔放なデザイン
 
復元にあたっては、地域の方々に話を聞かせてもらい、家の中でしまわれていた「知花花織」を見せてもらうという、信頼関係を築きながらの、地道な調査が行なわれました。現存する「知花花織」は、戦争中も家族の手によって、家宝として守られてきた大切なものばかりです。100年以上の時を越えて、目の当たりにする「知花花織」は、技術力の高さと美しさに驚かされます。
 今に残る昔の「知花花織」は、かなり自由奔放なデザインです。織り始めから終わりまで、同じ模様の連続ではなく、思うがままに模様を変化させながら織られています。着物に仕立てられているものも、袖と身ごろが違う花織の布を縫い合わせてあったりします。それには訳があります。

 沖縄の染織のほとんどは、琉球王府への上納品としての厳しい制度の下でつくられていたため、織子の自由な感性で織られるということはありませんでした。しかし「知花花織」は、そのような貢布としての制約はなく、村の祭りの衣装や晴れ着としてだけつくられた、あくまでも自分達のために織られたものだったのです。色とりどりの糸で細かな刺しゅうを施されたように見える「知花花織」は、ハレの日の衣装にふさわしい見事な芸術品といえます。

地理的条件
 「知花花織」の地である「知花」は、1974年にコザ市と美里村が合併してできた沖縄市にあります。琉球王府時代には美里間切が置かれ、グスク時代には、越来(ごえく)グスクの出城である「知花グスク」があり、天守閣の役目をしていたとされています。グスクの城下町が栄えると、文化も花開いていき、知花花織や知花焼(知花で焼かれた陶器)、鍛冶や大工などに高い技術が育まれていきました。
(間切:古琉球から1907年まで存続していた沖縄独自の行政区画単位)
(グスク=城:12〜16世紀をさし、琉球王朝の前の時代で、地方の豪族が各地域で高地に城を築き支配していた。外国との交易も盛んに行なわれていたとされている)

現在の状況
 「知花花織」の復元は、現在『知花花織復元作業所』にて行われています。沖縄市の「工芸による街づくり事業」のひとつとして平成12年8月に開設されました。そこで講師として指導に携わっている幸喜新さんが、琉球大学大学院の学生の時に、研究テーマとして「知花花織」を研究されたのが、出発点となりました。その後『知花花織研究会』が発足され「知花花織」の研究と復元が続けられています。

◆知花花織復元作業所◆

〒904-2143
沖縄市知花5丁目6番7号
電話:098-921-1187

○開所時間:AM10:00-PM4:00
○休日:土・日・祝祭日
○見学の際はお問い合わせ下さい。


「沖縄市の文化」へ戻る