知る 遊ぶ 食べる 買う 泊る エンタテイメント スポーツ スポーツ 掲示板 お問合せ

史跡・文化財 地域の宝を再確認しよう!
戻る 


知花グスクより津嘉山森を望む

 沖縄市は1974(昭和49)年にコザ市と美里村の合併によって誕生したが、コザ市と美里村は首里王府時代には越来間切と呼ばれ、王府の行政区画として編成されていた。『おもろそうし』にも「ごえく世の主」とあり、この頃からすでに越来の領主がいたことが詠われている。

 17世紀中頃、薩摩の侵入後に実施された検地によると、村数は14有り今帰仁、浦添両間切に次ぐ大間切であった。17世紀後半になると、越来間切から15ヶ村が割かれて美里間切が新設された。その後、1879(明治12)年の琉球処分で沖縄県が設置、さらに1908(明治41)年の特別町村制の施行で、それぞれ越来村、美里村となる。そして戦後の1956年には、越来村はコザ村を経て市に昇格、コザ市の誕生となった。

 このような歴史の流れの中に生き続けた、地域の人々の生活の記憶を今に伝える貴重な文化財は、現代の生活環境の変化の中で消失の危機から、保存・継承する努力が続けられている。沖縄市には300件近くの多様な文化財が分布しているといわれ、それら文化財に対する市民の理解を高めるため、標識や案内版の設置、定期的な巡視をおこない、親しみやすい文化財にするための環境整備が行われている。



市指定文化財
沖縄市教育委員会発行『沖縄市の遺跡』より抜粋

奉安殿 忠魂碑 鬼大城の墓 カフンジャー橋 ヒージャーガー セークガー

室川井泉 室川貝塚



旧石器時代の遺跡
南桃原洞穴遺跡

沖縄貝塚時代の遺跡
津嘉山森遺跡室川貝塚仲宗根貝塚、馬上原遺跡、八重島貝塚、知花遺跡、明道遺跡、冨里川原貝塚、八重島茶城原遺物散布地
泡瀬先遺物散布地、那志原遺跡、上地長次原遺跡、インジングシク

グスク時代の遺跡
越来グシク知花グシク、竹下遺跡、満喜世遺跡、与儀遺跡、与儀御願所遺物散布地、比屋根遺跡、大里エーヤマ遺跡、石城原遺跡
センター公園内遺物散布地、天之岩戸向洞穴遺跡、アマグシク跡、津嘉山森遺跡仲宗根貝塚


「沖縄市の文化」へ戻る