沖縄市の史跡・文化財

泡瀬ビジュル
 泡瀬交差点の南東側に位置する。村人は「ビジュル」とか「ビージュル」と呼んでいる。泡瀬のビジュルには海にまつわる口碑が残されている。神体は「海に浮いていた石」を祀っている。

泡瀬ビジュルの由来
泡瀬はその昔「あせ島」「あわす小離」と称され高原村より東へおよそ九町、隔海に突出した無人の小島で、自然に形成された砂州と南西には広い干潟を有していた。
1768年頃、読谷山間切の在番役を退役した樊氏高江洲(築登之親雲上)義正は、初期の居住者としてこの地に入植し、広い砂州と干潟を開墾して、農耕のかたわら塩を焚き安住の地をここに定めた。
ある日、漁猟に出た義正は海面に浮かぶ霊石を見つけてもちかえり霊験あらたかなるビジュル神として、島の西側磯のほとりに石祠を建てて安置し、信心したのがビジュル神信仰の始まりと言い伝えられている。旧暦の9月9日にはビジュル参りの例祭があり、無病息災、子安、子授けなどの祈願に参詣者がたえない。1938(昭和13)年有志の尽力で旧石祠を改修して、社殿と二基のの鳥居内外玉垣が建立され境内が整備された。1983(昭和58)年泡瀬土地区画整理事業にともなう土地の全面嵩上げ工事の際に境内を拡張し、社殿と一の鳥居、二の鳥居はそれぞれ四尺嵩上げして移設、一の灯籠を新設、玉垣を改築した。




戻る