INDEX




音楽市
 03/22〜23
オキナワンロック

時は1969年、ベトナム戦争の時代コザには「Gate2 Street」や「B.C.Street」の「ASign Bar」や、米軍基地内のクラブで、戦争に出かける殺気だった米兵を相手にパワフルなステージを毎晩繰り広げるロックミュージシャン達がいた。

コザ(沖縄市)は古くから島唄や芸能の盛んな地域で、多くの唄者や芸人を排出している。戦後「アメリカ世」のコザに米国本土からダイレクトに飛び込んで来たのがアメリカンポップスだった。広大な米軍基地を背景に、そこに進駐した多くの米兵を相手に立ち並ぶAサインバーには、軒並みライブバンドが入り連日明け方までワイルドなステージを繰り返した。

このような環境の中に育ったコザの若者達は、毎晩米兵相手のハードな演奏を行いながらミュージシャンとして技を磨き、本場のロックスピリットを米兵達を楽しませる事によって体感しながら育ち、オキナワンロックを誕生させた。

その後、沖縄返還、ドルの相対価値の下落、Aサインバーの閉鎖、と環境の変化に伴い、ロックミュージシャンの数も減りつづけた歴史がある。しかし今もライブハウスを経営しながらオキナワンロックの歴史を支え続け、現役で活動しているロックミュージシャンが多いことは「ロックの街−コザ」の面目躍如であろう。

そして現在、新しい感性を持ったミュージシャンたちが再びこの街を拠点に。その溢れ出る音楽性を広く全国に発信している。沖縄最大のロックイベント「ピースフルラブ・ロックフェスティバル」では1日目のインディーズ、2日目のオールディーズロックとオキナワンロックの歴史を2日間にわたって十分に堪能することができる。



ピースフルラブ・ロックフェスティバル

ライブハウス一覧
かつて程のに賑わいはないにしてもコザの街には一地方の小都市としては驚くほどの数のライブハウスがある。そしてそのほとんどがコザの中心地「ゲイト通り」と「パークアベニュー」に集中しているのだ。

オキナワンロック年表
オキナワンロックの系譜を年表形式にまとめてある。
(今だ未入力のバンドも多く不確かな記憶を、とりあえず収集したものです。間違い等お気付きになった方はぜひご連絡下さい)mail to:< KozaWeb Maintenance >