INDEX

コザの楽しみ方教えます
異国情緒〜ゲイト通り
独特の雰囲気を持つ」と表現されるコザの街。その大きな要因は、嘉手納エアベースの第2ゲートから胡屋十字路までの県道20号線、空港通りまたはゲート通りと呼ばれる通りの存在だろう。横文字の看板が立ち並び、様々な人種が行き交う街は、確かに異国の香が漂い、国籍不明な文化が感じ取れる。
 そこにある新しい発見の予感に、人々は招かれるのだろう。ブロークンな英語で会話をしながらドルで買い物をすることが出来る街。そんな独特の雰囲気を楽しむならここは見逃せない。

魂を揺さぶる太鼓の響き〜まつり
コザはエイサーのメッカ。毎年旧盆が近付くと、街のあちらこちらから三線や太鼓の音が響いてくる。地元の青年団がエイサーの稽古に励んでいるのだ。
まつりの多いコザの街で、まつりの好きなクザンチューとアメリカーと一緒に大綱引きでもやってみては?

自然と歴史を身近に体験する
開発が進んでも、まだまだ自然の残る中部地域。その中でも古くからの集落が残るコザには貴重な史跡や、自然と触れあえる贅沢な場所も多い。渡り鳥が羽を休める湿地帯や、整備の行き届いた海辺の運動公園を散策するのもまた楽しい。

ナイトライフの秘密
狭い地域に過剰なまでの密度で店を構える飲屋街。その中でもライブハウスや民謡酒場が他の地域に比べて圧倒的に多いのがこの街だ。島酒を飲みながらのハードロックもなかなかイケるし、民謡酒場でのカチャーシ体験もステキだ。米兵ですし詰め状態のクラブに一人で入るのは、ちょっと冒険だが、一見の価値はある。ペイデーナイトのコザの夜は寝むらない。